永代供養Q&A

 
Q.1「永代供養」とはどういう意味ですか?
お寺が、お申し込み者にかわって、過去、現在、未来の長い間にわたり、そのご遺骨をお守りして、ご供養していくことを言います。
そのためにお寺が建立したお墓を「永代供養墓(えいたいくようぼ)」と言います。
 
Q.2 どうして「永代供養」なのですか?
昨今の社会情勢の中で「家」の継承が困難になってきたり、お墓の管理や供養が責任をもって、できにくい状況になってきたからです。
また「「子どもに負担をかけたくない」「夫婦や一人だけのお墓を探している」「先祖の遺骨を近くのお墓に改葬したい」「分骨したい」「身寄りのない親族の納骨場所に困っている」という方々のご要望が多くあり、供養の方法も変わってきました。
 
Q.3 宗派が違うのですが申し込みは、できますか?
これまでの宗旨、宗派は問いません。ただしお申し込み後は、弘法大師の教えを伝える真言宗豊山派の儀式によって行いますので、他宗での儀礼は一切できません。
 
Q.4 金剛院の檀家には、なれないのですか?
ご希望であれば檀家登録もできますが檀家にならないことも自由に選択できます。お申し込み後は、お寺の施本や行事予定等は、すべてお送りしておりますので、興味のある方は、ご自由にご参加ください。
 
Q.5 俗名でお願いできますか?
俗名ではお申し込みできません。戒名は仏さまのお名前なので、必ず授与いたします。改葬などで違う宗旨の戒名が授与されている場合には、真言宗の戒名に付け替えますが、それぞれ費用は、かかりません。すべて志納金の中に含まれています。ただ、すでにお位牌などがある方は、作り直して頂くご負担だけがでてきてしまいます。詳しくは、ご相談ください。
 
Q.6 跡継ぎがなく心配です。生前に申し込みをすることができますか?
はいできます。あわてないように「終活」の中で事前に決めておかれると安心するでしょう。また、すでに亡くなられている方や近くへ改葬、分骨をしたい方もお申し込みできます。お葬式などのご供養もいたしますから、ご相談ください。
 
Q.7 納骨後は、どのように供養するのでしょうか?
毎年の春秋彼岸、お盆、年末に、金剛院住職が本堂にて合同供養を行います。また、ご希望があれば、ご家族やご親族が集まって、本堂で従来の法事も行うことができます。事前にご予約ください。法要後のお食事も客殿で行うことができます。
 
Q.8 自分に向いているお墓がわかりません。
金剛院には、数種類の永代供養墓があります。それぞれの方の環境で選択する墓地の形が違います。大切なことなので、ご見学を頂いて十分なご説明をいたしますので、納得をされてからお申し込み下さい。

※ ご不明な点、お申込み手続きなど、詳細はお気軽にお問合せください。

お墓のご見学は、随時お受付しております。ご見学の際は、下記までご連絡ください。
0120-76(なむ)3106(さとろう)「金剛院の永代供養墓について」とお伝えください。